クリニックブログ

2019.10.07更新

先日、重症アトピー性皮膚炎の治療薬デュピクセントを初めてなさる方の初回指導日でした。

アトピー性皮膚炎の注射薬「デュピクセント」が発売後一年半がたちます。

デュピクセントとは、アトピー性皮膚炎の炎症に関わるIL-4、I L-13という物質(サイトカイン)を直接抑制する自己注射薬で 2週間に一度ご自身で注射していただく薬剤です。

非常に効果的な薬剤ですが、、3割負担で一本25000円とかなり高額なのがネックでした。

今年の春から 最大3ヶ月の長期処方が可能となったことで、高額医療制度を用いると月々の患者さんの負担がぐんと下がることとなりました。
高額医療制度や限度額申請制度など非常に複雑な話・・ですが、さらに、会社や大学(福岡大学や福岡歯科大学など)が独自の負担制度をお持ちのところも多数ありますので是非ご確認なさるとよいかと思います。

当院ではアトピー性皮膚炎の外用指導に力を入れているため、今まで治療がうまく行ってなかった方でも、よくなって喜んでいただくことも多いです。

ただ中には、しっかり頑張って塗っていらっしゃるにもかかわらず、病気の勢いが強く、中々思うように改善しない方もいらっしゃいます。
そのような方に、デュピクセントは大きな副作用や併用禁忌薬剤 などもなく、お使いいただきやすい薬だと思います。

15歳以上の中等症~重症のアトピー性皮膚炎患者さんが適応となります。

ご自宅で自己注射していただかなくてはならない薬ですが、少なく とも最初の2回は当院で一緒に練習しながら投与いたします。 
院内に製剤や注射、負担額などについての動画も準備しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお声かけくださいね。

 

院長 加藤しおり

 

 

デュピクセント治療

投稿者: 皮ふ科・アレルギー科 しおりクリニック

お肌の事でお悩みの場合は
お気軽にご相談ください

赤ちゃんからご高齢の方まで幅広く、全身の皮膚疾患について
それぞれの症状を正しく診断し、適切な治療を行います。

診療時間 9:00~12:30 14:00~17:00 休診日:土日・祝日 〒819-0054 福岡市西区上山門1-14-1 上山門メディカルビル1F